fsom

親不知(埋没歯)入院記録。

入院1日目、くもり。

10:00 入院手続き。
      病室に案内される。
      6人部屋の窓際。

11:00 腕に点滴用の針を入れる。
      点滴①(絶食のための水分補給?)

13:00 点滴②(ぼーっとなるやつ?)

15:00 排尿をすませて口腔外科へ。
      処置のイスにすわり、
      酸素チューブ、血圧計、心拍数計をつけられる。
      精神安定剤?のようなものを点滴にいれられる。

16:00 気がつくと抜いた4本の歯をわたされる。
      次に気がつくとベッドに寝ている。
      まくらが血だらけ。

18:00 ようやく意識がはっきりする。
      夕食。(全粥・きざみ食)
      半分くらい食べる。

19:00 先生が説明にくる。
      ずっと寝てたね、といわれる。

21:00 消灯。
      夜中何回も目が覚める。
      
--

入院2日目、くもりのちあめ。

 6:30 起床、検温。
      夜中に薬がきれて口の中がかなり痛い。
      のどがからから。

 7:30 朝食。
      口があかない。

 9:30 よばれて口腔外科へ行くが、
      先生が緊急手術のため帰される。
      薬がきいてきて楽になる。

10:00 点滴③(抗生剤)
      点滴④(抗生剤の親分みたいなもの)

12:00 昼食。
   
      母に電話。
  ~  「H」「包帯クラブ」を読む。
      斜向かいのおばちゃんにアイスをもらう。      
      
16:00 口腔外科へ。
      消毒。

16:30 勉強。

18:00 夕食。
      
18:30 勉強。

21:00 消灯。
      なかなか寝付けずノートに散文。

--

入院3日目、あめ。

 6:30 起床、検温。
      点滴⑤⑥(ともに抗生剤)

 7:00 朝食。

 9:00 口腔外科へ。
      消毒。

10:00 退院準備。
      点滴用の針を抜く。
      母が迎えにくる。

11:00 退院。

--

同室のおばちゃんの旦那さんにアイスをもらい、
熱をもってはれた口の中が冷たくて気持ちよかった。
5人でもくもくとアイスを食べた。
知らないもの同士なのに、
ひとは食べることで何かを共有できる。

でもあたしは自分のことしか考えていない。
人の親切を当たり前だと想い込み、
感謝の言葉もでてこない。
腕に針が刺さっている、
それだけでなんてストレスなのだろうと。
[PR]
by atownidiot | 2006-04-13 00:56 | 想う