fsom

「礼」

正絹は涼しいなーと想いました。

5月のおわりにポリの単を着て出かけたときは、
夏にきものは無理だわと想ったのですが。
盛夏のきものは一夏では着きれないくらいあって、
(そのころ骨董市にはまっていたので)
今年は袖を通せないものもあるだろうな。

--

装道には「装道礼法」という教えがあります。

「装道の礼は
 感謝から尊敬の念を生み
 心・言・装・行に至るとき
 美と幸福と平和を顕現する」

というのがその基本理念なのですが、
要は尊敬と感謝を常に心に満たしておくことが大事ということです。

足ることを知れ!
感謝しろ!
そうやって自分にいいきかせても、
霧の中にいるようなもやもやがずっとあったのですが、
きものを美しく装うということに含まれるたくさんの要素が、
ずっと自分のなかで整理できなかったものだったので、
あたしは装道に入ってよかったなあと想うのです。

まだ3年目、
きものの道は長いです!
[PR]
by atownidiot | 2007-06-15 01:29 | 想う