fsom

<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

きもの日。

f0104038_2237057.jpg


少なくとも月に2回はきものを着ないといろんなことを忘れてしまう。

今日は風がなかったけれど、
古すぎて素材もよくわからないたてわく模様の単は、
ランジェリーの袖もとっちゃって着てたらわりと涼しい。
来月からは透け対策しないといけないなー。

高等師範科に進んで2ヶ月たってクラスの雰囲気も和んできた。
先生との距離も縮まってきたような。
まあ、そんな恐れ多いですが。。

ワルツを踊れ、買いました。
[PR]
by atownidiot | 2007-06-27 22:37 | 装う

さくらんぼ。

f0104038_141332.jpg


花嫁のときにお世話になったから、
ということでいただいてしまいました。
妹さんの嫁ぎ先がさくらんぼ農家だそうで。
お世話になったのはこっちの方なのに、、、

涙がでるほどおいしい。

--

先日名古屋時代の友人(現在狛江在住)と再会し、
お好み焼きを食べて寄席を見たあとに上野公園まで歩いた。
狛江から連想してミスチルの「雨のち晴れ」がずっと流れてた。
夜の上野公園はやけに外灯が少なくて、
鬱蒼とした歩道をぬけて広場にでたら空間がゆがんでた。
じめんがちかい。
駅前はちょっと鶴舞っぽくて、
広場は千種っぽくて、
名古屋の夜だった。
このまま歩いて家に帰れそうだった。

すごく久しぶりにそんな心持ちになってとても懐かしかった。
[PR]
by atownidiot | 2007-06-25 01:41 | 想う

寄席。

f0104038_09332.jpg

f0104038_09336.jpg

f0104038_093354.jpg

f0104038_093356.jpg

落語がみたいとトモダチがゆったので寄席をみにゆきました。
ラーメンズのATOMでしか落語をみたことないので
(あれはちゃんと落語になってたよね)
どんな空間なんだろうとコワゴワでした。
昼の部の真打から見始めて5時間(!)
夜の部の真打がでてきたときには
真打のすごさくらいはわかるようになってました。
貴重な体験をしました。
またひとりでいってみたいと想います。

--

ところで仲見世の屋根はいつの間になくなったのでしょうか。
日傘をもっていきそびれました。
[PR]
by atownidiot | 2007-06-22 00:09 | 想う

届いた!けど…

f0104038_1053888.jpg

ん?
色がちがう。
でもまあいいや。
[PR]
by atownidiot | 2007-06-15 10:53 | 想う

「礼」

正絹は涼しいなーと想いました。

5月のおわりにポリの単を着て出かけたときは、
夏にきものは無理だわと想ったのですが。
盛夏のきものは一夏では着きれないくらいあって、
(そのころ骨董市にはまっていたので)
今年は袖を通せないものもあるだろうな。

--

装道には「装道礼法」という教えがあります。

「装道の礼は
 感謝から尊敬の念を生み
 心・言・装・行に至るとき
 美と幸福と平和を顕現する」

というのがその基本理念なのですが、
要は尊敬と感謝を常に心に満たしておくことが大事ということです。

足ることを知れ!
感謝しろ!
そうやって自分にいいきかせても、
霧の中にいるようなもやもやがずっとあったのですが、
きものを美しく装うということに含まれるたくさんの要素が、
ずっと自分のなかで整理できなかったものだったので、
あたしは装道に入ってよかったなあと想うのです。

まだ3年目、
きものの道は長いです!
[PR]
by atownidiot | 2007-06-15 01:29 | 想う

深い深い水たまり。

f0104038_114038.jpg


ばら園から農業会館に向かう途中のカーブのところ、
深い深い水たまりになってました。

--

この絵は奈良さんの初期の作品です。
I DON’T MIND IF YOU FORGET MEのとき、
この絵についてどう想うかこどもたちが書いてました。
おうちに帰りたくないのかな。
あたまに包帯を巻いてけがしてるのかな。
ぬれて怒ってるみたいだ。

その感想をみて、
わたしたちは年を重ねるうちに
絵のうらにあるものを読みとろうとしてしまうけれど、
こどもはみたままをいうんだなー。
だからこどもはすごいんだなーと想ったものでした。

--

そんな深い深い水たまり(水深50センチ?)を車で突破。
流されるかと想った~。。
[PR]
by atownidiot | 2007-06-11 01:17 | 想う